化粧用のパフを洗う頻度は?パフの効果的な洗い方を実験してみました!

 

毎日使うファンデーションのパフ、どうしていますか?

 

どのくらいの頻度で洗えばいいのかわからないという人、またその洗い方はどうすればいいのかな?と疑問に思っている人も多いことと思います。

 

今回は、そんなパフの効果的な洗い方をご紹介します。

 

 

1.パフは週に1回は洗いましょう

コンパクトのクリームパフや粉おしろいのパフは、こまめに洗わないとおしろいでかたまってしまいます。パフには、顔に塗るためのファンデーションだけでなく、顔の皮脂汚れやホコリなども付いてしまいます。それを長く洗わずに使っていると、肌の炎症など、肌トラブルの原因になりかねません。

 

一度炎症を起こすと、それを治癒するのにお金も時間もかかりますし、場合によっては化粧品を変えなければなりません。なにより、女性にとって顔に炎症があるのはとってもツライですよね。

 

そのような肌トラブルを防いで、毎朝のメイクを心地良く楽しいものにするためにも、パフは週に1度は洗うようにしましょう。

 

2.パフの使い心地を損なわないように洗う方法とは

せっかくパフを洗っても、洗剤をつけてもみ洗いをしたのでは、シワになってしまいます。そうなると、滑らかさが損なわれて肌への刺激が増してしまいます。

 

では、どのように洗うのがよいのでしょうか。

それには、台所用の中性洗剤と歯ブラシを使うのが効果的です。

次に、その手順とコツを解説します。

 

 

3.パフの雑菌をしっかり落としましょう

分かりやすく画像を使って説明しましょう。

パフは、使っていればこのような状態になりますよね。今回はこれを洗ってみます。

 

まずはパフが余裕をもって入る大きさの容器を準備します。画像の容器は、スーパーによく売られているキムチが入っていた容器です。蓋がしっかりしまる透明の容器は、料理に小物入れにと使い勝手がいいものですから、捨てずに洗って保管しておくのが習慣になっています。

と話がそれましたが、そこにパフを入れ、食器用洗剤をたらして水を張ります。この状態でパフを浸して一晩つけおきます。

 

「え? 浸け置くの?」

 

そうなんです。いきなりこするのではなく、数時間付け置きをします。その理由は、パフについた汚れを落ちやすくすることと、殺菌の効果をあげるためです。

 

4.パフ洗いの仕上げには歯ブラシが効果的

一晩浸しておいたパフを、翌朝、歯ブラシを使って洗います。「朝はバタバタする」という方は、時間が空いたときでかまいませんが、この状態のまま何日も放置しておかないほうがいいと思います。

歯ブラシは、使い終わって捨てる前のものでいいです。

ファンデーションのついた部分を歯ブラシでこすって洗います。そうすると、パフの滑らかな肌触りを損なうことなく汚れが落ちていきます。

 

汚れがこのように落ちたら、水道水でパフを洗って水気を取ります。

 

画像はその手順を終えたものです。

 このように綺麗になりました!

 

5.洗うのが面倒なら、100均のパフで使い捨て交換

「毎週洗うのは面倒だわ~!」という場合は、折を見て100円ショップを覗いてみましょう。

「100円ショップを訪れたことがない」という人はあまりいないと思いますが、それでも「お店の隅々までちゃんと見ている」という人も少ないのではないでしょうか。

 

近頃では世界的な物価の上昇により、100円で販売できる商品が減ってきています。100均をちょくちょく利用する方であれば、すでにそのことにお気づきではないでしょうか。日を追うにしたがって、200円商品や300円商品が増えて、このペースでいけば遠からず何のお店か分からないという日がくるものと思われます。

 

そんな100均ではありますが、まだまだお得な商品がいっぱいです!

 

パフがこんなにたくさん入って108円で売ってました。これなら、心おきなく交換ができます。私はそれでも洗って使うケチンボさんですが、「洗ってもちゃんと汚れが落ちてない気がして心配だわ」という人もいると思います。特に敏感肌の方はそこを妥協するわけにはいきませんよね。

そんなときに100円ショップのパフはお得ですし、形もいろいろあって使い勝手がいいです。

 

それにしても、今日の実験結果のようにこんなに綺麗になってしまったら、洗って何度も使う方法もいいと思いませんか?もしよろしければお試しください。

 

100円ショップの話が出ましたので、一つ、余談ではありますが、豆知識をお届けします。

100均にはシャープペンやボールペンなどの文房具もたくさんありますが、シャープペン・ボールペンのような技術的に繊細であり、なおかつ文具店でも変わらない値段で販売されているような商品の場合、正規のお店のもののほうが品質が良く、その結果、リーズナブルです。

100円ショップのシャープペンは私の経験上、3本に2本はすぐに壊れるか最初から使えない物で、ボールペンのほうも最初から書けなかったり、すぐにダメになったりしますが、文具店で購入した有名メーカーのものは、同じ100円で何十年も壊れずに書き味抜群です。100均でのお買い物は全てがお得という商品ばかりではなく、ちょっとした落とし穴もありますので、賢く利用したいですね。

 

まとめ

●パフは週に1回は洗いましょう

●パフ洗いは、台所用洗剤を薄めた水に一晩浸しておきましょう

●仕上げは歯ブラシでこすり洗いすれば綺麗に落ちます

●洗うより交換したいというときには、100均のお徳用を活用しましょう

 

 

関連記事