下地クリームなどのチューブのふたを無くしたときには画びょうを使おう!

化粧下地やクリームファンデーションなど、お化粧品には、チューブに入ったものが多数存在します。忙しい朝にバタバタとお化粧をしていると、ついうっかり、チューブのふたを落としてしまうことってありますよね。そんなとき、転がったふたがどこへ行ったかわからなかったり、場所は分かっていても簡単には取れないところだったりして困ったという経験、ありませんか?

 

中身がほどんと入っていなければあきらめもつきますが、まだまだ使えるのにフタがなくなってしまうと、ほんとうに凹みます。

 

そこで、化粧品のチューブのふたをなくしたときの対処法について取り上げてみようと思います。完璧なキャップとはいえないまでも、一応の代用品にはなります。もし、チューブのふたを無くして困るようなことがあったときには、今日のこの記事のことを思い出して活用してみてください。

 

 

1.化粧品のチューブのふたを無くしてもあきらめないで

化粧品って、そんなに安い物ではありませんし、日々自分を綺麗にしてくれる商品でもありますから、チューブのふたを無くしたぐらいであきらめるなんてもったいないですし、何より悲しいですよね。

 

ましてやそれがお気に入りの商品だったら、なおさらです。

 

そんなお気に入りのものを、ふたが無いからと泣く泣く捨てるなんてことのないように、なんとか使い切る工夫をしてみましょう。大切な化粧品を最後まで使い切るように頑張ってみませんか?

 

2.チューブのふたを無くしたときには画びょうで代用する

無くなったチューブのふたをとりあえず代用する良い方法があります。それは、画びょうを使うことです。幸い、チューブ式の化粧品の多くは、口が小さいものがほとんどです。やってみると画びょうの針がちょうどおさまるので使い勝手がいいですよ。

 

画びょうは、100均で手軽に買えますし、家庭内では他にもいろいろな使用用途が考えられる商品ですから持っておくと便利です。

 

 

3.画びょうならどれでもいいわけではないので気を付けましょう

画びょうはふたの代用になるものではありますが、こと、化粧品のチューブのキャップに使うためは、何でもいいわけではありません。そこで、どんな画びょうが使えるのか、実験をしてみました。その実験の画像と解説をご覧ください。

 

ここに2種類の画びょうを用意しました。

ピンクのほうは、画びょうと聞いて誰でも普通に想像する短いタイプのものです。学校の壁などに貼り紙をする際にはこのような短いタイプのものを使っていると思います。

 

4.代用に適する画びょうってどんなもの?

このように一般的に「画びょう」と聞くと針が短いほうを想像してしまいます。ですから「チューブのふたの代用に画びょうを」とだけ聞いてお店に行くと失敗します。チューブのふたの代用に使う画びょうには、クリーム色のような針の長いものがおすすめです。それをこれから証明してみます。

 

まず、ピンクのほうをチューブの口に差し入れてみます。

 

すると、水平に持っていてもこのようにすぐに落ちてしまいそうになります。

 

 

チューブをほんの少し下のほうに傾けると、このようにあっという間に落ちてしまいました。これではふたとして役に立ちません。画びょうと言っても、普通の画びょうではダメだということがおわかりいただけると思います。

 

次に、長いほうの画びょうをチューブの口に差し入れてみましょう。

しっかりとはまっているのが画像からもわかると思います。次に、チューブを下に傾けてみます。

 

 

全然落ちてきませんし、入れたときの状態をキープしています。チューブのふたの代用として使う画びょうには、針が長いもののほうが適しているということがわかりました。

 

5.毎日綺麗に、そしてどんどん綺麗になりたいから!最後まで使いきりたい

長い画びょうがチューブのふたの代用品として適していることはわかりましたが、これはあくまでも代用ですから、この状態ものをバッグに入れて出勤したり旅行に持っていくのはおすすめできません。だけど、出勤前の朝のお化粧に使うものには充分役目を果たしてくれます。

 

まだ残っている化粧品を、キャップがないからと捨ててしまうのはもったいないですし、最後まで使い切ってそのぶん綺麗になるためのものを購入する費用に回したほうが断然いいですよね。

 

さいごに

私は良いと思った化粧品にはお金を使いますが、同時にちょっとしたケチンボでもあります。もったいない精神も、ときに友人が引いてしまうくらいたくさん持っています。

ですから「簡単にあきらめないで、化粧品は最後まで使い切りたい」、そんな思いに駆られて今日は実験をしてみました。同じようにキャップをなくした方のちょっとでもお役に立てたら嬉しいです。

 

まとめ

●化粧品のチューブのふたを無くしたときには画びょうで代用しましょう

●画びょうの針は短いものではなく長いものを使いましょう

●最後まで使い切って、そのぶん美しくなりましょう

 

 

関連記事