美肌と健康的なダイエットに!腸活でしっかり美しく

腸に便移植をして腸内細菌を入れ替えたら性格まで変わってしまったと言われるように、腸が脳に大きな影響を与えていることがわかっています。

腸の状態が良ければ脳が元気になるだけでなく、便通が良くなり、美肌や健康的なダイエットにもつながります。

そこで、身体の土台から美しくなるための「腸活」について取り上げます。

 

1.腸活とは

腸活とは、腸内環境を積極的に整え正常にしていくことで健康な身体を手に入れることを言います。腸から起きる不調の代表的なものといえば、便秘や下痢ですが、腸が原因で起こる不調はそれだけではありません。アレルギーや肥満、糖尿病、大腸癌などの命にかかわる病気にも、腸内環境が関係しています。ご存じのとおり、便秘は美肌とダイエットの大敵ですし、いつまでも美しくいきいきと過ごすためにも腸活を心掛けましょう。

2.理想の腸内バランスとは

人の腸には、数百億から百兆個もの腸内細菌が共生しています。その細菌は大きく分けると次の3つに分類されます。

●善玉菌:ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェーカリス菌など

●悪玉菌:ウェルシュ菌、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など

●日和見菌

文字通り悪玉菌は病気を引き起こす原因になる菌ですし、日和見菌は、善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢なほうの味方をする菌です。

腸にとって理想的な腸内細菌のバランスは、

善玉菌 : 悪玉菌 : 日和見菌 が、

2  :  1  :  7   のバランスになるようにすることです。

 

悪玉菌の増加はこのバランスをあっという間に崩してしまいます。

3.腸内フローラって何?

私たちの身体の中には小腸から大腸にかけて、様々な腸内細菌が種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面に棲んでいます。

顕微鏡で腸の中を覗いてみると、まるで植物が群生しているお花畑(フローラ)のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

これら腸内細菌の種類や数は、食事や生活習慣、年齢や人種などにより異なるため、腸内フローラも人によって異なります。

4.食の欧米化が腸内環境に与える影響

食事は、腸内環境に大きな影響を与えています。どんなものを食べるかによって腸内の善玉菌、悪玉菌の数が違ってきます。悪玉菌優位になれば日和見菌も悪玉菌の味方をするようになります。

高脂質、高動物性たんぱく質の食事は、腸内細菌のバランスを崩し、腸内環境を悪化させると言われています。

アフリカ系アメリカ人と、アフリカに住むアフリカ人は、遺伝的には同じ腸内環境を持っているはずですが、高脂質、高たんぱくの食事の摂取で、アフリカ系アメリカ人のほうが何倍も癌リスクが高いという結果が出ています。

5.加齢も腸内環境に影響がある

人の腸内環境は、加齢によっても悪くなる傾向にあります。善玉菌であるビフィズス菌は、加齢により減少し、悪玉菌である大腸菌などが増加していきます。ですから、年齢を重ねた人ほど腸活を意識する必要があります。

 

6.不調のもとをたどれば腸内細菌にいきつく

腸内環境の悪化は多くの身体の不調につながります。腸は全身の免疫や神経とも深く関わり合い、腸内環境が悪くなると慢性炎症を起こして腸壁が荒れてしまいます。その結果、悪玉成分がどんどん腸壁を通過して全身に広がってしまいます。すると、毒素を分解する肝臓が疲弊して肝臓癌のリスクが高まります。血糖値を保つインシュリンの働きが弱まることで、肥満や糖尿病のリスクも上がり、悪化すると認知症を招く恐れも出てきます。

 

 

悪玉菌の増加で日和見菌が悪玉菌の味方になってしまうと、右図のような状態になり、美肌も望めません。「便秘が治ったら肌の調子も良くなった」とよく言われるのも、いわば当然のことです。つややかできめ細やかな肌のためには、外からのケアに加えて腸のケアも欠かせません。

7.すべての源は腸にあり!腸活のすすめ

今現在、腸内環境が乱れているという自覚がある方、あるいは何らかの症状がある方も、まず、食事から変えてみましょう。食生活と生活習慣を変えただけで、驚くほど腸内環境は改善できます。ポイントは、脂っこいものをやめて、食物繊維を豊富に含む野菜や果物、善玉菌を含むヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物などの発酵食品、善玉菌のエサになるオリゴ糖を積極的に摂取することで腸の状態が改善されます。

腸内環境に良くない食品

肉などの動物性たんぱく質、牛乳、バター、白砂糖を使ったケーキやチョコレートなどのお菓子類、燻製、ラーメン、激辛食品、揚げ物、ジャンクフードなど

腸内環境に良い食品

ヨーグルトや納豆、漬物や味噌、甘酒などの発酵食品、豆類、ハチミツ、根菜類、緑黄色野菜、乳酸菌、海藻類、こんにゃく、キウイ、バナナなど

8.腸は第二の脳

腸は第二の脳とも言われています。腸内環境の悪化がイライラや気分の落ち込みなどにつながっている場合もありますし、脳が抱えるストレスが腸内環境を悪化させることもあります。腸と脳はお互いに影響しあっています。ですから気分が落ち込みやすい、物忘れが気になるなどで脳の改善を図りたいときには、腸環境も見直す必要があります。腸から脳を健康に、また脳からも腸を健康にする工夫が大切です。

9.実践した結果と考察(腸内環境に便利な2大食品)

腸活の実践結果から、手軽に腸内環境を整えることのできる便利な2大食品をご紹介します。

まず1つ目は、大豆です。大豆には各種ビタミン、植物性たんぱく質などさまざまな栄養素を豊富に含んでいます。さらに女性に嬉しい大豆イソフラボンが摂取できます。納豆が好きな方であれば、脂っこいお肉の量を少し減らして毎日の食事に1品加えるといいですね。

そして2つ目は、飲むヨーグルトです。あえて「飲む」と記したのは、固形ヨーグルトと飲むヨーグルトを一定期間ずつ試した結果、飲むヨールグトのほうが効果があったためです。さらに、飲み物ですからいつでも手軽に摂取しやすいという利点もあります。

 

関連記事